金融機関への手続きは

家を購入するということは、非常に大きな買い物になります。 一度に1000万円や2000万円をすぐに支払える人はそうそういないと思いますので、大抵の人は住宅ローンを申し込むと思います。 住宅ローンの申し込みは、売買契約の締結が終わると通常はすぐに金融機関に対して申し込みをします。 ローンは、事前審査を受けますのでその時点で内定を受けている場合でも、この申し込みによって正式な審査が行われ、しばらくしてから否認されてしまうこともあるので安心は出来ないのです。 大抵の場合は、売買契約書に「住宅ローンが借りられなかった際は契約を白紙解除できる」という内容の「融資利用の特約」というのが盛り込まれているはずですが、適用期限というのが設けられていますので注意をしましょう。 買主の都合で金融機関への申し込みが遅れて期限内に金融機関から回答が得られなかった場合、住宅ローンを借りられず白紙解除も出来ず、手付金の没収や違約金の支払いを求められたりすることもあり得ますので、住宅を購入するとなったら関係書類はきちんと読み、早めに行動することを心がけましょう。 不動産会社側で、売買契約の当日に金融機関への申し込み手続きをセッティングしているケースもあるのですが、そうでない場合は契約締結後には遅くても2~3日中には申し込みが出来る様な段取りをするようにしておきましょう。 ちなみに、建築条件付きの土地売買の場合は、売買契約の対象は「土地のみ」です。 土地に建設する建物については土地の売買契約の締結をしてから設計等打ち合わせをし、契約書の中におおよそ3か月程度ですが指定された期間がありますので、その間に建設業者との間で「建設工事請負契約」を締結することになります。 建築条件付きの土地の売買では、どんな住宅を建てるのかについて買主と建設業者との間で十分な打ち合わせを行いましょう。 しかし、実際には土地の売買契約と同じ日か打ち合わせをほぼ行わないままに数日後に請負契約が行われるケースもありますが、脱法行為が疑われてしまう事例もありますので十分な注意が必要です。


▲ページトップに戻る