家の資金計画は十分か

購入する時には、資金計画など再確認をするようにしましょう。 購入申し込みをする前の段階で、不動産会社の担当者に試算をしてもらうなど資金計画のチェックはある程度出来ていると思います。 申し込みをしてしまうとどんどんとまわりが動いていってしまいますので、資金計画など問題がないのかを念入りに再確認することが大切になってきます。 とくに住宅ローンを組む場合はその申し込み条件の確認、媒介手数料の金額の確認はきちんとやっておくべきです。 住宅ローンの審査ですが、一般的には借り手にとって有利な条件であるほど厳しく、金利が高いなど不利な条件のものほど通りやすいのです。 ですので、金融機関Aに断られたからBへ、といったことを繰り返していればいつかは貸してくれる金融機関に辿り着きはするでしょうが、その融資条件は当初の予定からかけ離れたものになってしまうかもしれません。 「ローンを借りられるならどんな条件でもいい」ということはないでしょうから、「こういう条件なら契約続行、それがだめなら潔く契約をやめる」といった線引きをあらかじめしっかりと決めておくことが大切になってきます。 また、媒介手数料というのは購入の際の諸経費の中でも結構な割合を占めるものです。 新築の分譲マンションの場合は不要なことが大半ですが、新築一戸建ての場合には媒介業者を通して契約することが多く、原則として媒介業者に対して手数料を支払うことになります。 この支払いが必要かどうか、また、その金額や支払の時期についても事前の確認をきちんとしましょう。 住宅ローンの審査について少し。 事前審査は省略されることも少なくないのですが、購入申込から売買契約締結までに1~2習慣程度おき、その間に借り審査を受ける場合がありますので、その時に金融機関へ提出する書類などについては、不動産会社の担当者からの指示に従いましょう。 事前審査で否認された場合は原因が何かあるはずですので、それを解消または資金計画の見直し、または購入取りやめか、早めの決断が必要になります。


▲ページトップに戻る